ABK日本語教育研修

2021年5月13日更新

1. 2021年の日本語教育勉強会(オンライン)開催のお知らせ 

 ✭すべての講座は生涯学習カレッジ 認定講座となります。✭

   

① 6月12日(土)ZOOM使用

非漢字系学習者の負担軽減を目指す 漢字学習方法「拓大メソッド」

『ことばで覚えるやさしい漢字ワーク』を使った語彙先習と点画を識別するためのKコード

非漢字圏からの学習者への漢字指導で、奮闘している方も多いと思います。

この回は、『ことばでおぼえる やさしい漢字ワーク 初級①』『同②』(スリーエーネットワーク)共著者のお2人をお招きし、「拓大メソッド」からヒントを見つける機会にしたいと思います。

【講師の先生からのメッセージ】

拓殖大学の別科日本語教育課程では、非漢字系学習者の負担を減らすために、読み漢字と書き漢字を分け、まず知っている語彙から漢字の意味と読み方を学ぶ語彙先習と、漢字の点や線の識別力を高める「Kコード」を用いた字形認識と書字指導を行っており、これを「拓大メソッド」と呼んでいます。

今回は、「拓大メソッド」の効果と実践についてご紹介します。

まず、語彙先習の意義と方法については、『ことばでおぼえる やさしい漢字ワーク 初級①』(『日本語初級 大地1』準拠)を使ってお話しします。

そして、点や線の認識については、Kanji in 6 & 4 のKコードを用いた書き方指導について紹介します。漢字の字形学習で見過ごされがちな点画の認識の難しさと、それを言葉にして伝える方法について、ワークショップ形式で体験してもらいたいと思います。

みなさまと様々な意見交換をしながら、新しい漢字の世界について一緒に考えていけるのを楽しみにしています。

       

2021年6月12日(土)

●9 時 30 分~11 時 30 分(情報交流会:~12 時 30 分  自由参加)

●講師:中村 かおり(拓殖大学外国語学部准教授)

   伊藤 江美(拓殖大学別科講師)

●参加費:2,000 円

【6月12日 中村先生、伊藤先生「漢字」  お申込み用リンク】

https://forms.gle/4gHE1HdbsAWqWuN69

 

② 6月19日(土)ZOOM使用

日本留学試験(EJU)に向けた指導 初級から中級前期クラスで地力をつける授業

この回は、日本留学試験(EJU)準備のクラスでの指導について、何を考え、どのような授業をすればいいのかを考えます。

「試験のテクニック」の前の、「地力をつける」ための授業を目指している佐伯知美先生に具体的な授業方法の例とその狙いをご紹介いただき、みんなで検討します。

【佐伯先生からのメッセージ】

日本留学試験(EJU)は、日本の大学(学部)などに入学することを希望する外国人留学生を対象とした試験です。この試験の目的は、日本の大学などでの勉学に必要となる日本語力及び基礎的な学力の測定を行うことにあります。日本の大学などの多くが、出願時にこの試験の結果を提出することを要求しています。

今回は日本語科目の読解、聴解、聴読解領域の情報活用能力を問う問題の指導方法について考えてみましょう。情報活用能力とは、論理的推論や具体的事例と一般論の相互関係など論理的思考の基盤となる能力です。2022年度より高等学校で新学習指導要領が実施されることや国語に選択科目「論理国語」が新設されることに鑑みると、日本留学試験(EJU)においても情報活用能力を問う問題は今後ますます重視されるようになるでしょう。

 日本留学試験(EJU)は、来日半年程度の初級・中級前期段階の学生が受験することも多いです。この試験の日本語科目の読解、聴解、聴読解領域で目標とする成果を達成するために、初級クラスや中級前期クラスを担当する教員が普段の授業でどのようなことにポイントを置いて授業を構成・展開すればよいか、一緒に考えていきましょう。

情報活用能力を問う問題として最近どのような問題が出題されているか、論理的思考の形成に関する学術的論文からどのようなことがどのように実践に活用できそうか、などをご紹介したあと、皆様と日々の実践について意見交換をしていきたいと考えております

 

2021年6月19日(土)

●9 時 30 分~11 時 30 分(情報交流会:~12 時 30 分  自由参加)

●講師:佐伯 知美(私立大学大学院 外部講師 「論文講読入門」「日本語論文講座」担当

都内日本語学校非常勤講師)

●参加費:2,000 円

【6月19 日 佐伯先生「日本留学試験(EJU)  お申込み用リンク】

https://forms.gle/qtHEKRj9KmuZL9327

 

③ 6月26日(土)ZOOM使用

日本語教育 基礎の確認(第3回)

「~ている、~てある、~ておく」の整理と 具体的な教え方の例

『みんなの日本語』、『大地』などの初級教科書で学ぶ形容詞についての知識を整理し、実際の教え方の具体的な例を共有します。

経験の浅い先生方、日本語教育を勉強中の方のための回です。

「学生がわかる・使えるように授業ができている」という方には必要ないと思います。

「『~ている』には、どんな種類の使われ方があるのか」

「『~ている』と『~てある』の違いはどこにあるのか」

「『~てある』と『~ておく』の視点」

「『~ておく』の種類」

こんなことを考えてから、実際の教え方の例を共有します。

 

2021年6月26日(土) 

●9時30分~11時30分(情報交流会:~12時30分 自由参加)

●講師:亀山 稔史(ABK学館日本語学校)

●参加費:2,000円

【6月26 日 基礎の確認「~ている、~てある、~ておく」 お申込み用リンク】

https://forms.gle/1AKbgx8yVeyBDY7w7

 

ABK日本語教育勉強会2021年6月
ABK日本語教育勉強会2106.pdf
PDFファイル 359.5 KB

 【終了】

2021年度 

4月10日(土)『考える漢字・語彙 超級編』の考え方

4月17日(土)日本語教育 基礎の確認(第2回)初級の形容詞の整理と 具体的な教え方の例

5月1日(土) 実践共有 「学ぶ力」を育てる活動 上級クラスにおける「教科書例文ランキング」と「文脈再構築」の試み

5月15日(土)模擬授業から見つける 授業のヒント(第8回)音を使った授業/授業で使う音、他

 

★お支払い★

お支払いについて、こちらをご確認ください。

 

2. 過去の勉強会・研修会・セミナー

①2020年度 勉強会・研修会の様子

ABK日本語教育勉強会 

「オンライン授業でできること 模擬授業から見つける 授業のヒント(第2回)」 (2020年7月18日)

海外を含む各地から100名以上の参加があり、活発な情報交流が行われました。

皆さま、お疲れ様でした。

②本研修は、2017年度から実施していますが、2019年度は以下の通り、実施。

2020年度

 

すべてオンライン開催

 

 月日

回数

内  容

参加人数

620

1

オンライン授業でできること(第1回)
模擬授業で見つける 授業のヒント

75

711

2

ICTを体験する(入門編)
Google form
の基本をマスターしよう

46

718

3

オンライン授業でできること(第2回)
模擬授業で見つける 授業のヒント

119

731

4

ハイブリッド型授業 考え方と仕組み

12

87

5

上級クラスハイブリッド型授業の実際

33

88

6

オンライン授業・ハイブリッド型授業における
クラス・グループの関係作り

58

822

7

ZOOMの練習・PC

15

829

8

オンライン授業でできること(第3回)
模擬授業で見つける 授業のヒント

236

912

9

中級・上級 文法プラスアルファ
『TRY!』(アスク出版)を使った授業
「文法を感じて学ぶ」とは?
TRY! N1』第3章「飯食わぬ女房」を素材に

78

9192026

10
(
3)

初めてのブレンディッドラーニング
zoom
依存から脱却しよう

97

927

11

日本語を教え始めるための
「日本語の授業の作り方」

47

103

12

オンライン授業の共有
日本語教師歴25年、
オンライン授業1年生の実践から

25

1010

13

オンライン授業でできること(第4回)
模擬授業から見つける 授業のヒント
(ゲームを取り入れた授業、他)

88

1114

14

日本語学習者にサブカルチャーを教えるということ
- なぜ・何を・どのように -

74

1121

15

私たちの疑問 質問大会

19

1128

16

楽しく、深く学ぶ
自律学習/遠隔学習 「漢字1字で教材を作る」
考える漢字の会@ABK日本語教育勉強会2020

67

125

17

オンライン授業でできること(第5回)
模擬授業から見つける 授業のヒント
(事前や事後の課題がある授業、他)

51

123

18

オンライン授業でできること(第6回)
模擬授業から見つける 授業のヒント
(空いた510分を活用する授業、他)

64

130

19

 日本語教育 基礎の確認(第1回)
初級の助詞の整理と 具体的な教え方の例
(オンライン開催)

54

26

20

日本語教育能力検定試験
2021
年 合格するための方法

20

227

21

私たちの疑問 質問大会
初級の助詞の教え方

51

313

22

『TRY!』を活かす授業
N2&N3

89

320

23

模擬授業から見つける 授業のヒント(第7回)
初日の授業、他

37

参加者延べ人数計

1455

2019年度

 

 

 

 月日

回数

内  容

参加人数

525

1

スムーズな授業のために準備から授業中、
休み時間、授業後までのヒント50

41

622

2

改めて考えてみよう「読解」
「読む力」を伸ばす授業とは

44

76

3

『TRY!』を知る『TRY! N3』の活用法

52

713

4

漢字学習の教室活動「使いながら覚える」を目指して

46

824

5

模擬授業から見つける 授業のヒント 
聴解の授業を素材に

41

921

6

考えて学ぶ漢字・語彙 
考える漢字の会@ABK学館日本語学校

37

928

7

音声教育を考える「学習」の視点からとらえるために

29

1019

8

「やさしい日本語」ワークショップ 基礎編

27

1116

9

初級の教室活動 基本の再確認とコツ

51

1214

10

日本企業で働く外国人に何を教えるか

41

1月18

11

日本語能力試験対策の授業 
語彙の授業の作り方

59

28

12

ABK学館日本語学校 日本語教育セミナー 
日本語教師のための アクティブ・ラーニング 
講師:山田智久北海道大学準教授、
横溝紳一郎西南女学院大学準教授

47

215

13

模擬授業から見つける 授業のヒント 
『TRY! 日本語能力試験N2』を素材に

52

2019510

6

日本語教育能力検定試験 過去問題勉強会

60

201978

5

日本語教育短期研修会(少人数・実践)

5

参加者延べ人数計

632

*2020年3月に、3回、研修を予定していたが、新型コロナウィルス感染症予防のため、実施しなかった。