コース概要

日本語教育のノウハウと豊富な進学データを活かし、
さらに個別にきめ細やかな指導で確実な力を身に付けられる!

ABK COLLEGEでは、公益財団法人アジア学生文化協会ABK 日本語コースで長年、日本語を教え、学生を指導してきたベテランが担当します。経験豊かな教員と、確実に学べる環境があるABK COLLEGE。独自の「ACE(エース)」(Academic・Culture・Experience)を柱に組み立て、日本語能力をバランス良く習得し、試験対策・進路指導は日本語レベルに合わせ、丁寧な指導を心掛けています。

5つのコース

  入学時期 時限数/学習期間 入学時のレベル
1年
コース
4月期入学 860時限/1年 日本語未習者・初級者・中級者・中上級者を対象とします。
1年3ヶ月
コース
1月期入学 1040時限/1年3ヶ月 日本語能力試験N5程度以上の日本語力を有する方を対象とします。
1年6ヶ月
コース
10月期入学 1,290時限/1年6ヶ月 日本語未習者・初級者・中級者・中上級者を対象とします。
1年9ヶ月
コース
7月期入学 1,470時限/1年9ヶ月 日本語能力試験N5程度以上の日本語力を有する方を対象とします。
2年
コース
4月期入学 1,720時限/2年 日本語未習者・初級者を対象とします。特にタイ・インドネシア・ベトナム・ミャンマー等の非漢字圏出身者に向いています。

日本語レベルと日本語授業の力点

初級では①の授業のボリュームが最も大きく、中級、上級になるにしたがって、②、③の内容が増えていきます。
レベルに合わせ、日本語能力をバランスよく育てて行きます。
④の試験対策・進路指導は日本語レベルに合わせて、どのレベルでも行います。

日本語教育・進路指導 3つの特徴

ABK COLLEGEでは、1983年に設立された「ABK日本語コース」の日本語教育・進路指導のノウハウを引き継ぎます。特に、以下の3つの特徴があります。

(1) 30 年間の日本語教育指導・進路指導ノウハウ

これまでの経験から得られたバランスのとれた日本語教育を初級から上級まで、きめ細かく行います。
日本語能力試験・日本留学試験の点数などのデータベースと進学・進路別データベースを活用し、 個々の能力や目的にあった指導を行います。

(2)日本語試験対策

「ABK日本語コース」が2002年から海外でも出版する『日本語能力試験対策問題集』は現在でも好評です。これら日本語試験対策ノウハウを活かした授業を行います。

(3)豊富な大学・大学院・専門学校情報

公益財団法人アジア学生文化協会は1981年から留学生のために「大学院入学案内」を、2006年から「大学入学案内」を出版してきました。現在は、リニューアルされ、大学・大学院・専門学校検索WEB(Japan Study Support)となっています。これら豊富な情報を活かした指導を行います。

日本国内就職サポート

ABK COLLEGE卒業後、すぐに就職したい学生のために、さまざまなサポートをしています。毎年50名ほどの学生が日本企業から内定をもらい、卒業後も日本で活躍しています!

(1)内定実績

2014年から2018年度生までの合計内定件数は、198件にもなります。           2018年度は、就職希望者63名のうち、内定件数61件/就職決定者数49名と過去最高数を記録し、内定率は77.8%でした。

(2)支援スケジュール

日本の就職活動スケジュールは、通常1年以上かけて活動するものですが、留学生の場合は時間が限られているため、特別なスケジュールでサポート・内定獲得を目指します。

(3)求人紹介

当校は下記に加盟しており、学内掲示板にて、正社員求人を紹介しています。

  • ●無料職業紹介事業(飯職発第532号)認可取得
  • ●東京商工会議所 会員入会

また、ハローワークや外部の留学生就職支援団体からも求人紹介サポートがあります。

ABK COLLEGE 日本語クラス3つのこだわり

ABK COLLEGEの日本語教育は「ACE」にこだわります。

Academic

アカデミックな場面等で要求される高度な日本語力を育成するとともに、受験の場面でも必要となる試験対策にも力をそそぎます。


  • 大学やビジネスシーンでも必要とされるディスカッション、プレゼンテーション、レポート等のアカデミックライティングなどの日本語力育成をします。
  • 大学院進学準備や専門学校進学準備の受験指導、面接対策を徹底的に行います。
  • 日本語能力試験・日本留学試験(日本語)・BJTビジネス日本語能力テスト等に備える試験対策・模擬試験を行います。

Culture

日本の文化理解を重視します。

  • 日本のドラマや映画で学ぶ日本語授業を取り入れます。
  • 日本事情等についての一般教養科目を行い、日本の地理・歴史・経済・政治・文化や現代日本事情について、皆さんが日本社会で生活したり、将来、母国に戻り、日系企業等に就職する際に困らないような日本理解を進めます。

Experience

体験・活動を重視し、スムーズな日本語コミュニュケーション能力を育成します。

  • 教室活動やプロジェクトワークで日本語をどんどん使います。
  • 日本人ボランティアとの日本語会話を通じて、スムーズな日本語の運用力を養います。
  • 各界で活躍する元留学生や日本人をお招きしての講演会を聞き、行います。